ニーズ:信頼を重視する方へ

青汁ニーズ

前書き

加点結果から部門ごとに掛け率を調整して総合的に点数を出し、各青汁で順位付けを行い、

上位20%となったものを5つ星、上位40%となったものを4つ星などと決めていきます。

下位20%のものも、1つ星ということで、決して悪い青汁と評価しておりませんので、誤解なさらないようお願いいたします。

混乱してもいけませんので、5つ星のみ紹介します。

その中で、細かいニーズを推測し、一押しコメントを書いていきます。

ニーズ:信頼を重視する方へ

いろいろと青汁が乱立していて、少々お疲れの方も少なくないと思います。

信頼できる企業の信頼できる青汁を求めている方は、こちらの評価をご参考にしてください。

新しい会社は信頼が低い評価になっていますが、いうまでもなく、必ずしも新しい会社が信用できないということではありません。

とはいえ、老舗の安心感、ブランドの安心感という消費者目線に立つと、やはり古くからある会社に高得点を与えるのが自然かと考えた得点に調整しています。

他のニーズでは、新しい会社の新しい青汁も積極的に評価しています。

5つ星紹介

 

本絞り青汁ベーシック(ファンケル)

ファンケルという安心感が強い方は、是非トライしてみる価値ありです。

いわゆるしっかりとしたケール青汁を、ファンケル独自の工夫で飲みやすく仕上げています。

栄養価と飲みやすさのバランス、

ファンケルという安心感から、相当おすすめできます。

とはいえ、ちょらの青汁ほどがっつりとした栄養価はありませんので、ある程度、野菜は野菜で摂取した方が無難です。

ただし、ベーシックではなくプレミアムであれば、少々値段はあがりますが、栄養価がかなり増強されるので、おすすめできます。

ファンケルになじみのある方、ある程度しっかり野菜不足を解消したい方はおすすめできます。

味も工夫されているので、健康最重視のニーズ、健康と味のバランスのニーズに引き続き、5つ星評価です。

ファンケルというブランド力は、特に女性にとっては、かなり強いといえます。

総合得点313点

】ファンケルの本搾り青汁ベーシック

遠藤博士の青汁みどり(ビー・エイチ・ラボ)

元祖ケール青汁の王道をいく遠藤青汁です。

栄養価は折り紙つきで、ケール100%と潔いです。

とにかくケール好き、野菜不足解消を目的とする方はトライしてみると良いでしょう。

ただし、味は保証しません。

いわゆるケールの味ですので、苦手な方はとことん苦手です。

ですので、飲み方、混ぜ方をあらかじめ何通りが検証しておくべきです。

ケールの味が好きな方、元祖青汁に興味があって、飲み方を上手に工夫できる方には、おすすめです。

ケールの青臭さくささが癖になった方は、むしろ遠藤青汁が一押しできるかもしれません。

老舗、元祖青汁という点から、信頼度は抜群です。健康最重視、健康と味のバランスに次いで、5つ星評価です。

総合得点314点

遠藤青汁

おいしい青汁(森永製菓)

老舗製菓メーカーらしく、非常にすっきりとした仕上がりになっており、かつ、栄養価もかなり高い

バランスに優れた逸品です。

紙パック形式ですので、少し栄養価にこだわった特別な野菜ジュース、といった位置づけといえます。

栄養価は、もちろん、がっつりケールが入った青汁に比べればやや劣ります。

また、やや値段は野菜ジュースと比べればします。

栄養価と味の両方が気になる方は、かなりアリです。

森永製菓というブランド力と、青汁の内容のバランスの良さから、5つ星評価です。

総合得点331点

おいしい青汁

乳酸菌が入った青汁(世田谷自然食品)

原材料へのこだわり、乳酸菌を混ぜることでの腸への配慮がある王道の青汁です。

ただ、ケール青汁ではなく大麦若葉青汁なので、

栄養価は最高峰とまではいかないと思います。

ただ、原材料へのこだわりは世田谷自然食品の企業理念、企業努力のたまものだといえます。

ある程度飲みやすさにもこだわって作られていますので、

バランスの良い青汁、かつ世田谷自然食品のブランド力に支えられた青汁に仕上がっているといえます。

ただ、世田谷自然食品は設立したのが2001年ですので、意外と歴史は浅めです。

老舗ブランドがお好きな方、設立30年以上のブランドがお好きな方は、他の青汁を選択しても良いといえます。

ファンケルは1981年設立、

森永製菓はなんと1910年設立です。

ニーズによって、これを無意味なデータとするか、非常に重要なデータとするかは変わってくるでしょう。

緑菜三昧 純国産素材青汁(ツルハグループマーチャンダイジング)

楽天やドラッグストアでかなり安価に手に入る青汁ですが、

結構中身はしっかりしていて、

国産素材にこだわった、大麦若葉青汁です。

栄養価はすごく高いとまではいえないものの、

シンプルに、それでいて結構飲みやすい仕上がりになっています。何よりコスパが優れています。

ツルハグループマーチャンダイジングは2008年設立なので、信頼的にどうかという見方もありますが、

元になっているツルハグループは、1963年設立と、老舗ですので、評価が上がっています。

ただ、安心感はありますが、人によっては、「安物感」と、良くない捉え方をされるかもしれません。

というより、こういうサイトでチェックする方は、安価にドラッグストアなどで手に入る青汁では、

満足しない、もっと良い青汁が欲しいという方が多いと思いますので、

こういう商品がおすすめできるのは、

「とりあえず青汁を試してみたい」層ではないか、という気もします。

いずれにせよ、「信頼できる、シンプルな大麦若葉青汁である」、といえます。

高い栄養価を求めている方には、物足りないかもしれませんが、

コスパの良い無難な大麦青汁を探していた、という方は、アリではないでしょうか。