ニーズ:健康と味のバランス派の方へv0.1

青汁ニーズ

前書き

加点結果から部門ごとに掛け率を調整して総合的に点数を出し、各青汁で順位付けを行い、

上位20%となったものを5つ星、上位40%となったものを4つ星などと決めていきます。

下位20%のものも、1つ星ということで、決して悪い青汁と評価しておりませんので、誤解なさらないようお願いいたします。

混乱してもいけませんので、5つ星のみ紹介します。

その中で、細かいニーズを推測し、一押しコメントを書いていきます。

ニーズ:健康と味のバランス派の方へ

5つ星紹介

わっせよかった ちょらの青汁(きおっちょら農園)

細かいケール青汁へのこだわりが非常によく青汁の栄養価として反映されており、

かつ、種々の工夫を凝らして、飲みやすく仕上げています。

生産者のケール青汁への意欲が公式サイトからも良く伝わってきます。

ただ、ケール青汁はケール青汁ですので、

「健康にはなりたいが、そもそもケール青汁が苦手」な方、「青汁がなかなか続かない」方は、他の青汁をトライした方が無難です。

また、青汁に慣れておらず、大企業の青汁からトライしたいという気持ちが強い方も、他の青汁をトライした方が無難です。

いずれにせよ、野菜不足をがっつり解消したい方、大企業にこだわらない方は、試してみる価値ありです。

味もケール青汁にしては飲みやすいということで、健康最優先のニーズに続き、5つ星評価です。

総合得点257点

公式サイトの通販ページへ

本絞り青汁ベーシック(ファンケル)

ファンケルという安心感が強い方は、是非トライしてみる価値ありです。

いわゆるしっかりとしたケール青汁を、ファンケル独自の工夫で飲みやすく仕上げています。

栄養価と飲みやすさのバランス、

ファンケルという安心感から、相当おすすめできます。

とはいえ、ちょらの青汁ほどがっつりとした栄養価はありませんので、ある程度、野菜は野菜で摂取した方が無難です。

ただし、ベーシックではなくプレミアムであれば、少々値段はあがりますが、栄養価がかなり増強されるので、おすすめできます。

ファンケルになじみのある方、ある程度しっかり野菜不足を解消したい方はおすすめできます。

味も工夫されているので、健康最重視のニーズに引き続き、5つ星評価です。

総合得点252点

【ファンケル】毎日の健康づくりを応援する 本搾り青汁ベーシック

遠藤博士の青汁みどり(ビー・エイチ・ラボ)

元祖ケール青汁の王道をいく遠藤青汁です。

栄養価は折り紙つきで、ケール100%と潔いです。

とにかくケール好き、野菜不足解消を目的とする方はトライしてみると良いでしょう。

ただし、味は保証しません。

というより、いわゆるケールの味ですので、苦手な方はとことん苦手です。

この健康と味のニーズに食い込んできたのは、それだけ栄養価が高く、期待できるからです。

ですので、飲み方、混ぜ方をあらかじめ何通りが検証しておくべきです。

ケールの味が好きな方、元祖青汁に興味があって、飲み方を上手に工夫できる方には、おすすめです。

ケールの青臭さくささが癖になった方は、むしろ遠藤青汁が一押しできるかもしれません。

総合得点261点

遠藤博士の青汁

はちみつ青汁(キューサイ)

キューサイも、かなり歴史ある青汁メーカーです。

しかも、はちみつを混ぜることで、青汁を高い栄養価を保ったまま、飲みやすく仕上げています。

意外と、はちみつを混ぜた青汁は少ないので、味を気にする方は、トライする価値アリです。

総合得点244点

おいしい青汁(森永製菓)

老舗製菓メーカーらしく、非常にすっきりとした仕上がりになっており、かつ、栄養価もかなり高い

バランスに優れた逸品です。

紙パック形式ですので、少し栄養価にこだわった特別な野菜ジュース、といった位置づけといえます。

 

やや値段は野菜ジュースと比べればしますが、

栄養価と味の両方が気になる方は、かなりアリです。

総合得点253点

野菜不足の方へこの一本で、一日の野菜摂取量不足分を補います。森永製菓のおいしい青汁